We served kids at the open campus event!

学園祭に合わせて、ふれてサイエンス&てくてくテクノロジーという、主に小学生向けのオープンキャンパスイベントが行われました。我々のグループでも、高温超伝導体の磁気浮上と、強力なネオジウム磁石と乾電池と銅線を用いた、シンプルなモーターを子供達と作るという二つの出し物をしました。高温超伝導体や磁気浮上用のレールを、医薬系の岡本先生、環境デザインの大橋先生からお借りして、前日の晩から実験を繰り返し、一番上手く超伝導体がレールの上を移動できる条件を探して試行錯誤しました。当日は、少し離れた場所にあったこともあって、お客さんはそれほど多くなかったですが、一緒に作るためにはそれなりに時間がかかるので、ちょうど良いお客さんの入りで、ゆっくり楽しんでもらうことができました。高温超伝導体の磁気浮上も人気で、ずっとその場を離れない子供がいるほどでした。来年はもう少し改良できると良いですね。メンバーのみんな、お疲れ様でした。税金から研究をさせて頂いている我々には、このようなサービスは必須ですね。来年もやりましょう。

We joined the open campus event mainly for elementary students. We prepared two attractions. One is the demonstration of Messier effect with a high Tc cuprate and a strong magnet rail. The other one is making a simple motor with a Copper wire, a NdFeB magnet, and a battery together with children. We borrowed superconductors and magnetic rail from Prof. Okamoto and Prof. Ohashi and repeated experiments to find the optimal conditions for nice movement of superconductors along the rail. Our room was a little remote from the other rooms and therefore not much children came. But since we needed to spend quite some time for a child to make a motor, it was just good. Children seemed quite satisfied. Demonstration of Meissner effect was also quite popular and some kids stayed so long time repeating the experiment. Thanks a lot for your hard works, guys! Let’s improve some parts for next year!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です