Prof. Kawae visited us!

九州大学の河江達也先生が、日本物理学会北陸支部特別講演・理数2ボトムアップセミナーとして、「低温で水素吸蔵した金属水素化物が示す量子物性」という内容でご講演をして下さいました。メカニカルブレークジャンクション、SQUID磁束計用の超小型3He冷凍機などを駆使した、Pdの水素化物に関する研究成果を紹介してくださいました。同じような研究に留まらずに、高い技術力を生かして、どんどんと新しい分野に挑戦していかれる先生の研究スタイルを垣間見ることができました。我々も負けずに是非頑張りたいものです。講演後には、ボトムアップセミナーの一環として、低温グループの各先生に、短く現在の研究テーマの紹介をして頂き、その後に、低温グループの実験室ツアーも行いました。夜は、超低温グループの先生方や、環境デザインの大橋先生や総合技術部の島村さん達と、懇親会を行いました。河江先生、ありがとうございました!

Prof. Kawae from Kyushu University visited us and gave a special seminar supported by Japan Physical Society, Hokuriku Branch and the bottom-up research project of condensed matter physics division of Kanazawa University. The title of his talk was “Quantum physical properties of low-temperature hydrogen absorbed metals ” and the talk is mainly about researches on Pd hydrides by using mechanical break junctions and a miniature 3He cryostat for the SQUID magnetometer MPMS. Through his talk, we could see his exciting research style in which he is never satisfied with the same kind of researches and challenges to a new field of researches with his excellent experimental skills. His talk stimulated us a lot. After his talk, the faculties in the ULT group shared their current research topic and interests for future collaboration within the bottom-up research project of condensed matter physics division and gave a brief lab tour. Thanks for visiting us, Prof. Kawae!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です