Denda-kun finished up his final presenation!

傳田君が、修士論文の公聴会で発表を行いました。一年前の1月から低温STMの立ち上げを開始して、ほぼ丸一年で超高真空でSTMが動くまでにしてくれました。全く知識がない状態から、大気中でのSTMのテスト、超高真空パーツのチェック、STMの配線、電流と磁場の関係が分からない低温STM用の超伝導マグネットを校正するためのホールプローブインサートの製作とその校正、温度計がまだついていなかった1K冷凍機の温度計の設置まで、多岐にわたる活躍で頑張ってくれました。4月から9月までの間は、KUESTの学生だったTim君ととても良い関係で、一緒に頑張ってくれました。装置立ち上げの間に、STMコントローラーが壊れてしまったり、新しいコントローラーを使い出したと思ったら、今度は粗動機構が動かなくなって探針のアプローチができなくなったりと、たくさんのトラブルに見舞われながらも、めげずにコツコツと問題を解決して、年末年始の必死の追い上げでついに超高真空で狙いだったクロムの蒸着までこぎつけ、そのSTM観察でのその場観察を終えて、発表となりました。また、後輩たちの実験の手伝いも嫌がらず、その親しみやすい人柄で研究室を盛り上げてくれたので、研究室はとても活発になりました。就職してつまらなくなったら是非博士課程で帰って来てください!本当にお疲れ様でした。ありがとう、傳田君!

Denda-kun finished up his final presentation of his master thesis. He joined us just about one year ago and started setting up our old LT-STM system. Even though he had no idea about LT-STM and UHV, he has done many things within one year – tested STM at ambient pressure, check all UHV components, STM wiring within the UHV chamber, construction of a hall probe insert and calibration of our 8 T superconducting for LTSTM, wiring of the thermometer for the 1K cryostat for the LT-STM and so on. From April to September last year, he worked together with Tim from Germany and had very nice relationship. He encountered many troubles like breakdown of the Omicron STM controller, and breakdown of the motor controller of RHK STM controller……but he was so patient and never gave up. He kept working hard and finally baked out the system in new year days and did STM observations on in-situ prepared Cr thin films! He is so caring and never be reluctant to help younger lab students for their experiments. His nice and lovely character cheers us a lot. We miss you, Denda-kun. If you get bored in the company you go, please come back as a Ph. D student! You are always very welcome. Thanks a lot for being our member, Denda-kun!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です